妖しい魅力のエビ

こんな時期ですがエビを買いました




クラウドは順調に思うような個体が出現しているのですが

メインで飼ってるレッドビーシュリンプがあまりうまくいっていません




今はレッドビーやクラウドを出品して多少お金に余裕があります

レッドビーは稚エビと種親2匹を残し全部放出しました

水槽スカスカです






購入した個体がこちら

DSC_2807.jpg


ただ雌雄がわかりません



ヒゲと腹節はメスのようなのですが

自分の第六感はオスだと告げています



こんなときはオスだと判別するために、卵巣が黒くなって抱卵しそうなメス個体と掛け合わせたいところですが

メスも全部出品してしまいましたので都合のいいメスがいません

何匹か残しておくべきでした



早く雌雄が知りたくて身悶えています




サイズはでかいです

2.4cmのオスとの比較してもちょっと大きめなので、2.5cmあるかもしれません




オスでこの色彩で、このサイズだと思うと胸が震えます



自分でブリーディングしてみて

改めて納得のいくオスの出現率の低さを感じたからです




ブリーディングを考えるとメスでもうれしいかも



今の稚エビに良さげな個体が何匹かいます

オスだったらあと2か月くらいで繁殖可能になります



でもメスだと成熟するのに時間がかかってしまい、この新しい個体はでかい個体なので寿命との闘いになっちゃいます






今後、ヒゲが伸びるか腹節が発達するか

DSC_2799.jpg




このサイズで雌雄がわからないって神秘性がありますよね

人間でも男か女かわからない人には異質な、妖しい魅力を感じるような気がします











水槽を観察していると久しぶりに青いブルーラムズホーンがいたので撮ってみました

DSC_2814.jpg



今本当に青いブルーラムズはレアなんじゃないでしょうか?

選別していかないとなかなか安定して綺麗な色になりません

この個体を軸に選別水槽を作っていけたらなと思います







ツーショット

DSC_2801.jpg


ランキングに参加しています
↓こちらで順位を確認できます

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ

↑気に入っていただけたらポチしてくださると嬉しいです



クラウドがエボってきました

毎年のことですが、夏前はエビをヤフオクで出品してしまうので水槽はスカスカです

今もクラウドを出品中です

 ↓
ヤフオク


血が濃くなった時のためにスノーラデンも維持しようかと思ったのですが

スノーラデンはすべて出品することにしました

今後は黒個体同士で交配を行っていく予定です







一軍水槽に振り分けた個体は少しエボってきました



この個体

ちょっと腹部の色は薄いですが

DSC_2745.jpg

DSC_2746.jpg




ほんのちょっとですがエボってますよね


こちらの個体は

DSC_2648.jpg


10日足らずでこうなりました

DSC_2767.jpg


そしてちょっとエボってる(ような気がする)


最後の個体はこんな感じです

DSC_2769.jpg

最初はほんとに一軍水槽に入れても大丈夫かなと思うほど
スポットが出ていなかったですが

大化けしました




この3匹が一軍水槽です

今60cm水槽に3匹だけで贅沢にくらしています






エボってるのエボとは

エボルーションのことです


主にクラウドで

腹部にスポットが現れてる個体に使われる単語です





エボルーションになってくれたらどんなにうれしいか





エビの世界ではエボルーション、エボルーションって当たり前のように言ってますが



エボリューションではないのだろうか




ランキングに参加しています
↓こちらで順位を確認できます

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ

↑気に入っていただけたらポチしてくださると嬉しいです



[ 2016/06/16 01:18 ] クラウド | TB(0) | CM(2)